FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

 

 

 

駆逐艦 綾波(特U型)

綾波
1/700
タミヤ
製作・King of MIZONOKUCHI

 

 

 購入したのは、まだ学生だった頃ですから、かなり前ですね…。

 特に理由がなければ、たいていはネームシップを選ぶので、特U型一番艦という事で「綾波」を買いましたが、その後、某アニメキャラの方が、超有名になりましたから、世間的に綾波と言えば、そちらでしょう。

 自分等にとって、WLシリーズの駆逐艦というと、250円の印象が強いのですが、今日では6倍近い1,200円もします。
 もう、この価格になると手軽に購入して、数を揃えたり、並べたり、とは出来ないですね…。

 艦船模型は、学生時代以来となるので、習作と言うか、半ば練習として作りました。
 練習に、新金型の高額キットは使えないので、在庫処分も兼ねて、昔買ったコレを使いました。

 

 

 

   

   

 流石に、そのまま値上げは気が引けたのか、再販時に、共用パーツのランナーが一枚追加されています。

 ただ、キットその物は自分と同い年だけあって、今の水準で見ると…、かなり見劣りします。

 甲板に、リノリウム部分のモールドは無く、説明も軍艦色の単色に塗装が指示されています。(この辺りは「秋月」型(フジミ)の方が、再現度は高いです。と言うより、タミヤが酷いのか?)

 工作面では、リノリウム部分のモールドを追加(抑えは流石に省略)、艦橋と舷窓をピンバイスで開口など(ただフリーハンドで行ったのは、失敗でした。せめてガイドでマスキングテープを使えば、とちょっと後悔)、やれる範囲の事は、そこそこしてあります。

 また、今後に睨んでエッチングパーツも使ってみましたが、発売元がピットロードの為、同社の「特U型」用であり、タミヤの物にはサイズが合わず、加工して使う事になりました…。

 手摺りのエッチングパーツも購入したのですが、「古いキットに、幾ら突っ込んでも、限度がある」と言う事で、汎用性もある事から、次回作以降に回す事にしました。 

  

 

 

 

  

 今回は習作という事もありますが、色々と得られた経験も多かったです。特にスケールが1/700という事もあり、何時も扱っている1/35とは、エッチングパーツのサイズがあまりにも違い、今後艦船模型も作るうえで、各種工具の必要性を痛感しました。

 

 小さい頃に、一通りWLシリーズは作りましたが、昔は戦艦とか空母など、大きくて強い船が好きでしたが、年を取ると駆逐艦や軽巡洋艦など、ショボい船に味わいを感じるようになりました。
 少し前ですと、再販時の値上げもあり、艦船模型は不当に高いと言うイメージがありましたが、最近はAFV(1/35)でも新金型のキットは5千円近くする為、むしろ新金型の1/700の艦船の方が安く感じてしまいます。
 元々、船は好きな模型ジャンルでしたが、価格面で忌避してきましたが、今となってはその点が気にならなくなったので、色々と作りたいですね。

 

Return to Home Page Top.