FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

 

 

 

トヨタ カローラ・レビン BZ-G (AE111)

 カローラ・レビン(AE111)
1/24
フジミ
製作・King of MIZONOKUCHI

 

  

 バブルの好景気を受けて爆発的なヒットとなった、先代のAE100ですが、自分の周囲でも乗っている人が多くいました。そこで車を買う時に結局は、人と同じ物は嫌と言うのと、4HTの方が実用的と考えて、AE111ではなく、カローラ・セレスを購入したのてすが、カタログだけは取ってありました。

 その意味では、このレビンも、買わなかった車ですね。

 元々は、別冊モデルアートに付属してきた「とある魔術の禁書目録」のデカールを使って、痛車にする予定で購入しました。レビン=稲妻と言う事で、、御坂美琴仕様にと考えていました。
 一方では、手元に残っていたレビンのカタログを見て、色的に試してみたい、普段塗る機会がないという理由で、車体色をグリーンマイカメタリックがいいな、とも思っていました。

 

 結局、痛車にするか、自分の塗りたい色をするかで、後者を取りました。

 内装関係は、例に漏れず大幅に省略されていますので、ドアの内側を中心に、追加工作。

 普段、最も見慣れている内装に近いので、直すのも楽でした。

 完成後、直ぐに撮影したので、マスキングテープの為か、研ぎ出した直後よりかも、ボディの光かたが少ないのが、残念です。
 まぁ、チョット研いて、また撮影すれば良いのですけど…。

 レビン自体に、あまり思い入れもないので、わりと気軽に作る事が出来ました。

 記録的なセールスとなった先代のAE100、後から評価が高まったAE87と比べると、既に時代がこの種の車を欲していなかった事もありますが、AE111は、やや寂しいと言うか、今一つ目立たない存在ですね。

 このAE111が、レビン最後のモデルですが、モデルチェンジする事なく、一代限りで終わったセレスよりかは、遥かにメジャーな存在ではあります。

 

 

 

 

 

  

  

  

 

Return to Home Page Top.