家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

 

 

 

九七式三号艦上攻撃機

中島 B5N2 九七式三号艦上攻撃機
1/72
ハセガワ
製作・松本の幹事長(2016年)

 

 ハセガワの97艦攻ですが、覚悟はしていましたが、…です。胴体、主翼はサクサクいきましたが、3分割されたエンジンカウリングで、ハマりました。遠い昔に、1機作成はしましたが、こんなに酷かったかな? って感じ。

 基本素組が最近のスタンスでしたが、今回は、エンジンカウルとオーバースケールの後部機銃を修正、手入れました。(普通に97艦攻作るなら、高価ですが、エアフィックスの方が、絶対正解)

 今回は、特に書込みになかったので、鬼門のデカールは、上手く行ったようです。

 AIRFIXの97艦攻は、2015年11月の比較的最近の発売です。ここ最近のキットは評価が高いAIRFIXですが、主翼の折畳み状態も選択式で組立可能など、心憎い味付けがされていますが、価格の方も定価2,500円と、ご立派です。

 こちらは昔ながらのA帯、今でも800円と定価で3倍違いますし、仕方ないと言えば仕方ないですね…。

 

Return to Homepage Top.

 

 

 

中島 B5N2 九七式三号艦上攻撃機
1/72
ハセガワ
製作・水凪海(2016年・コンペ作品)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Return to Homepage Top. 

 

 

 

 

 

 スケール物に限らず、ガンプラもそうですけど、だいたいラインナップって、2つに分かれていますよね。例えば、AFVでしたら基本は1/35と1/72、飛行機でしたら1/72と1/48、艦船なら1/700と1/350、って感じで。最近のAFVは間に1/48があったり、車の場合は1/24が圧倒的で1/32などは数が少なく、バイクなんかも1/12がほぼ独占など、多少はイレギュラーもありますが、だいたいハイ・ローと言うか、エコノミーとファーストと言うか、そんな感じで二分化されています。
 ガンプラなんかも、1/144と1/100、この二つに、ほぼ絞られています。

 仮に、同じジャンルのキットで、大スケールで高額な方をファーストクラス、小スケールで低額な方をエコノミークラス、そう呼ぶ事にします。

 色々なジャンルの模型の中で、飛行機って、1/72と1/48の価格差が少ない気がするんですよね? 例えば97艦攻でしたら、前述のAIRFIX製のキットが新金型とは言え2,500円、ハセガワの1/48は2,800円と、価格だけ見たら、そう大きな差はありません。
 他のジャンルでしたら、例えば艦船の場合、旧金型で大きいだけが取り得の1/350の駆逐艦でも2,500円くらいはします。それに対して1/700の新金型のキットは、せいぜい1,500円程度ですし、少なくても1隻当りの単価が上のスケールに迫るほどではありません。
 AFVの例としまして、BMP−3で比較しますとアオシマの1/72が2,500円、トランペッターの1/35が5,184円(税込)、と圧倒的に1/35が高価です。もっとも旧金型の大スケールと新金型の小スケールと言う点で比較するなら、概ね同じくらいか、ともすれば新金型の小スケールの方が高いと言う事もあります。
 また、AFVの場合は、間に1/48のビジネスクラスが入ってくるので、少々事情が複雑になっています。

 単にファーストクラスの旧キットと新金型のエコノミークラスとの価格差が小さい、と言う以外にも、飛行機の場合、ファーストクラス、つまり1/48の新製品も、わりと手が届き易いと言う点も見逃せません。勿論、一概に言い切れる訳でもありませんが、5千円の予算で、各ジャンルのファーストクラスのキット、しかも比較的ここ最近に出た物ですが、何が買えますか? 先ず艦船の1/350は論外でしょう、車やバイクは事実上スケールが一択ですから別にするとして、AFVも買えなくはないけど選択肢は絞られます。
 その点、飛行機ならば、わりと5千円でも、選んで買う事が出来ます。もう一枚千円札を足せば、更に幅が広がります。

 生活必需と言う訳ではなく、趣味で作るものですから、安くても欲しくない物は買いませんし、好きな物は少々値が張っても良い物を欲しい、と言うのはあります。

 ただ、昨今の1/35AFVの高騰、ともすれば5桁に近い価格を見ていると、わりと1/48の飛行機の価格設定は良心的だなぁ〜、という気になってきます。1/350の艦船模型を並べるのは金銭的にも厳しいですが、1/48の飛行機を並べるのは、場所さえあれば、そう難しくもないです。
 気分や感覚の問題ですが、スケール物のジャンルの中で、ファーストクラスのアイテムを、わりと簡単に買える。つまりハイエンドを買う幸せを味わえる、と言うのは良いですね。

 これは個人的に感覚ですけど、ファーストクラスのアイテムは一点豪華主義で少々高くても良いけど、エコノミークラスは、コレクション・サイズとして、数を並べるのを前提に、ほどほどの価格にして欲しい、と言うのがあります。

 まぁ、97艦攻に関係ないことを、延々と書いてしまいましたが、単なる模型の話しと言う事で…。