家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

 

 

 

零式艦上戦闘機 三二型

零式艦上戦闘機 三二型
1/72
タミヤ
製作・松本の幹事長

 

 零戦の鬼子とも言える三二型ですが、意外な事に(?)、松本の幹事長氏は、このタイプが好きなようです。アメリカも別の種類の機体だと思ったのか、三二型だけは、コードネームが違っています。

 さて、余白が多いので、ちょっと別の話しでも。

 と、ある弁当屋、それも初めて使う知らない店で、注文するとしたら、貴方は、何を選びますか?

 食べたい物とか、好き嫌いは別として、そう言った場合、何を注文するのが、正解か、教えましょう。

 スバリ、のり弁、一択です! これしか、ない!!

 先ず、何処の弁当屋でも、のり弁は、ハズレが少ない。ある程度フォーマットが決まっているし、その中にイレギュラーが加わる要素も少なく、安定感が抜群。そして、多くの店でのり弁は、最も低価格帯にラインナップされている。そうそうないが、万が一にハズレを引いたとしても、リスクは最小限で回避する事ができる。敢えて無理矢理にでも挙げるのであれば、不確定要素として添付されるが醤油か、ソースか、と言った程度だろう。
 この圧倒的なまでの安定感が、のり弁をイチオシする理由です!

 一見して安定しているように見えるが、リスクが高いのが、から揚げ弁当。勿論、鶏唐揚その物については、嫌いと言う人は少ないだろうし、そうリスクの大きい食品ではない。問題なのは、クォリティの方なのだ。先ず、初めて使う知らない店だと、鶏の唐揚に使われている部位が、胸肉なのか腿肉なのかも分らない、と言う時点で危険を孕んでいる。そして、ほとんどの店が鶏唐揚の内容については、重量ではなく、個数で定めており、その1個当りのgに大きな差がある。その為、何時も使っている店であっても、良い時は良いが、ハズレを引くと、物凄くショボい弁当が出てくると言うリスクが、案外と高い。 

 そして最悪の選択が幕の内弁当。価格的にも上の部類に入るにも関わらず、内容に安定感がまるでなく、何が出てくるか分らない。特に和風幕の内は危険度が高い。

 後は比較的安定しているのが、その物に好みが分かれると言う点を除けば、カレー系も悪くはない。とんかつ弁当も、そうそう変な物が出てくる事はないので、安定感はある。

 しかし、やっぱり、こう言った場合は、のり弁が、ベストな選択である事に、変わりはない。スペシャルとかは邪道、ただののり弁、これこそが王道。

 

 何故、いきなり弁当の話しなのか? 模型を集中して作業する時って、どうしても時間が惜しいので、必然的に食事を弁当で済ます事って、多くありませんか? 買ってきて、蓋を開ければ、直ぐに食べられる。カップ麺や冷凍食品よりかも早く、片付けも不要。まぁ、パンやおにぎりという選択肢もありますが、今回は弁当について語ってみました。

Return to Hpme Page Top.