家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

 

 

 

W号戦車H型(後期型)

ドイツIV号戦車H型(後期型)
1/48
ミリタリーミニチュアシリーズ No.84
タミヤ
製作・松本の幹事長(2017)

 

 W号H後期型です。

 前方機銃忘れていますが、パーツはありますので、後でフォローします。

 少し黒のフォッシングが強すぎたか暗くなりすぎましたが、久々の3色塗装、まッ、こんなもんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Return to Homepage Top.

 

製作記事
(掲示板に書き込んだ事を再編集したものです)

  

14個目(2016年6月5日 初出)

 完成の順番は少しズレるかもしれませんが、14個目、開封しました、

 「田宮 1/48 W号H型」になります。

 ん〜、最近のキットですが、今回も手すり(機関室上面)が板状のモールドでした。(勿論削り落としました)

 車体側の吊上げフックは省略されているなど(一応再現しました、その割に砲塔部分は再現されていますし、ボックスアートにも描いてあります)、目立つ部分(直接照準器やフェンダー内側の跳ね上げ発条やライトコード等)を追加、修正中です。

 参考資料はボックスアートです。

 面倒なんで、今回は、ツィメリットコーティングはしません。(出来るけど、しません)

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく

 組みあがってきました。

 流石に、エアキットと比較すると部品も多いので(転輪は苦痛ですねW号、V号系は)、進行速度は遅くなってしまします。

 現在、砲塔側のシェルツンを薄々作業中です。

 車体側は、1枚で部品成型されていますので、プラ板で新規で作り直すかステーのみで逃げるかを、思案中です。

 こいつは塗装の段取りが面倒な車両の一つですね。(X、Y号系は全部組み上げてからパ〜と吹き付けできるんですが…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご無沙汰しております。

 W号です。

 基本塗装までは終了しました。

 このあとはいつもの工程です。

 今期は夏から完全失速してしまいました。まだ下の小僧の野球で11月末まで週末は埋っているので、UPは年明けになりそうですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原隊復帰します。

こんな感じになりました。

 我が家のブラシですと、箱絵のような細いラインの塗装は物理的に難しいので、幅広の迷彩になりました。

 色合いは俗に言われる”後期?っぽい感じになっています。

 砲塔側面と車体側面はシェルツンとステーの先に接着したので、面倒なんで迷彩塗装していません。

 車載工具の塗り分けも、超面倒でしたが、一応やりました。

 手順を、完全に、間違えました。

 この後艶消しスプレー吹いてから、もう一度黒系で墨入れして、ドライブラシしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

  

 

落下により

 右側のフェンダーステーが破損しました。

 まっ、実車も、こんなもんでしょう。

 あとは戦車兵ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年12月18日 完成
※完成の日時は2016年ですが、当ホームページのシーズンの区切りとして、2017年の扱いになっています。

 

Return to Homepage Top.