FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
恋活

 

 

 

W号戦車F2型 大洗女子学園 あんこうチーム

W号戦車F2型
1/48
タヤミ
製作・valk@静岡

 

Return to Homepage top.

 

製作記事
 
(掲示板に書き込んだ事を再編集したものです)

 主役スタート(掲示板初出 14年4月25日)

 まほ虎が塗装へ進み、作業場が空いたので、本命の4号D型改(F2型仕様)です。

 1/48だと、4号J型、ヴィルベルヴィント、メーベルワーゲンの3種類しかないんで、ガルパン4号だとJ型から改造になります。

 ・・・ですが、実はヴィルベルヴィントの車体はH型なので、パーツ流用を主眼にすると、最短は、ヴィルベルのキット購入+4号JのCランナー+3号NのFランナーです。

 で、キットに無いパーツは仕方ないので、作ります。

 写真だと、予備エンジンマフラーとか。

 正面は、まだ工作が進んでないので、次回。

 また、隣はいずれ4号H仕様になる・・・はずの車両です。

 休日は、じっくりとまほ虎の仕上げを進めます。

 

 

 

 

 

 

 あんこうF2

 主な工作と改造は終わった・・・。

 後は表面処理と細部パーツの取付けです。

 

 >valk@静岡 さま

 あんこうチーム仕様のF2で厄介なのは、シングルバッフルの球型マズルブレーキですが、何とかなったようで…。
 後は、F2は43口径なので、1/35なら1p強、1/48でも8o程度、切り詰めれば、それっぽくなります。自分がV突を作った時は、逆に43口径から48口径に伸ばすので、砲身部分ごと置き換えましたが。
 何れにしましても、どれか一つで済まないのが、辛いところです。

 

 

 

  

 

 

 

 

 あんこうF2

 砲身長は適当に3mm詰めてましたが、長さ間違ってますね。ご指摘感謝です。

 43口径になるよう7.5mmで調整して短くしました。

 球形マズルは、前側の排気抜け部分をカットし、先端と中央を接着して、後はひたすら丸く削ったら、それっぽくなりました。

 実は、今作で一番妥協しているのは履帯回りです。3号戦車の履帯パーツを使うと、おそらく4ランナー分は必要で、部品用意してないので、4号J型そのままです。

  

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 あんこうF2

 マホガニーサフで下地、ガイアノーツのジャーマングレーで、基本塗装。

 上面に明るく調色した基本色で仕上げ吹き。

 戦車模型らしくなってきました。

 連休中に塗装は終えたい、が合わせてデカールを作らなければいけないので、ちょっと難しいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あんこうF2

 細部塗装、スミ入れ終了。

 足回りは、これから調整。

 デカール自作も思ったほど手間が掛からず出来ました。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 あんこうF2

 デカール貼り+リタッチ終了。

 細部の手直しと足回りは、明日。

 まほ虎とJS−2は仕上げのつや消しクリアを吹いたので、そろそろ梱包の準備。

 もう来週はホビーショーですが、今年のスケジュールは順調だな。

 そして、あんこうH型仕様の工作が終了。
 こちらはホビーショーには出さないので、ぼちぼち進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ガルパン戦車に関して、ミリタリーよりかは、キャラ物志向で考えています。

 塗装はCGモデル的に、単色ベタ塗りげで良いかなと。

 

 車両・OVMとかのディテールは、己の出来る範囲でやれば良しで。

 まほ虎に関しては、フラッグを立てたらガルパン戦車らしくなったと思います。

 本当はフィギュアも付けたいのですが、自作するしかないしなぁ・・・。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 あまり代わり映えしませんが、あんこうF2はこれで持ってきます。

 前回投稿のJS−2を見て、履帯のつや消し感が気になったので、エナメルのクリアーに若干の白を加え薄めた塗料で、足回りを塗り直しています。

 やや艶が出た分ウェットな感じにはなりましたが、雪の粒状感がまだ足りないです。

 ・・・もうこれ以上は後回しで。梱包してきます。

(14年5月16日 完成) 

 

 

 

Return to Homepage top.