FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

 

 

 

陸上自衛隊 機動戦闘車(プロトタイプ)

陸上自衛隊 機動戦闘車(プロトタイプ)
1/72
アオシマ
製作・松本の幹事長(2016年)

  昨年制作した 10式戦車のベースに載せて撮影しました。(画像補正してますが)

 1/72用のベースなので、流石にジャストフィットですね。同スケールで並べてみました。【参考写真】

 装輪式装甲車がデカイのか? 10式がコンパクトなのか?

 

 

 …多分、両方だと思います。

 10式は、同世代のMBTに比べてコンパクトですし、一方で機動戦闘車を、従来の偵察用の装甲車や軽戦車の感覚で見たら、かなり大型です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 緑色が、明る過ぎた感はありますが(ウォッシング後考えて明る目にしました)、今回は、珍しく足回り中心に派手にパステル盛り付けてみました。個人的には埃っぽい仕上がりは好きじゃあないんですが、偶にはね。

 わりと前に「ディスカバリーチャンネル」(CS)を観ていた時、前の事なので正確な番組名は忘れましたが米陸軍の最新兵器とか、そんな感じの番組だと思いましたが、その中で「もう、米国ではM1の後継となる戦車は開発していない。戦車という兵器の存在価値や利便性、コストを考えると〜」と言っていました。
 そして戦車に替わる新しい陸上兵器として、この種の戦闘車が紹介されていました。昔に比べてタイヤでの走破性や駆動力が上昇したので、キャタピラは不要なそうで、実際に映像でも難なく走破していました。
 とは言っても、実戦を潜り抜けてみない事には、真価は分りませんが、相互運用の事を考慮すれば、米軍が装備しているなら、陸上自衛隊も持つ必要がありますから、流れとしては必然ですね。

 

 前述の番組の中で、GPSを内臓した砲弾、と言うのも紹介していました。逆方向に撃っても、飛翔中に位置や方向を修整して、目標に命中する。と言うのが完成形らしいですが、その時点では射出の衝撃に精密機器が耐えられず、実用、量産には至っていないそうでした。
 もう、ここまで来たら自前で推進力がない事を除けば、ミサイルとどう違うの? 使い捨ての砲弾にGPSを仕込むって一発当りいくらするの? そんな砲弾をバラ撒いて後から日本に金を請求よるなよ! って、思いましたね。湾岸戦争の時にドラム缶で偽装したミサイルに何億円もする巡航ミサイルをブチ込んだ訳だし。

 

Return to Home Page Top.